大阪体育大学浪商高等学校

クラブブログ

陸上競技部 第72回近畿高等学校陸上競技対校選手権大会

2019.06.17

第72回近畿高等学校陸上競技対校選手権大会  6/13~16 ヤンマースタジアム・フィールド長居
性別 種目 氏名 学年 記録 結果
男子 ハンマー投 中野 辰稀 3 50m34 決勝 11位
女子 800m 原 華澄 3 2分17秒59 予選 2位
女子 800m 原 華澄 3 2分15秒62 準決勝 2位
女子 800m 原 華澄 3 2分13秒11 決勝 6位 999 全国 I・H出場
女子 1500m 須田 笑瑠萌 1 4分31秒96 予選 5位
女子 1500m 須田 笑瑠萌 1 4分36秒31 決勝 11位
女子 3000m 田村 麻衣 3 10分05秒18 決勝 17位
女子 5000mW 阿部 小町 3 24分23秒18 決勝 10位
女子 走高跳 筒井 穂乃茄 2 1m63 予選 1位
女子 走高跳 筒井 穂乃茄 2 1m60 決勝 8位
女子 三段跳 蔭地 未湖 3 11m14 決勝 17位 +1.7
女子 円盤投 大西 愛莉 2 38m18 決勝 7位
女子 ハンマー投 竹谷 陸 3 50m02 決勝 4位 999 全国 I・H出場
女子 やり投 禰宜田 真央 3 28m91 決勝 32位
女子 4×400mR 貴島 萌夏美 2 3分54秒96 予選 2位 1
女子 4×400mR 岩本 茉莉 3 3分54秒96 予選 2位 2
女子 4×400mR 津田 明翔 2 3分54秒96 予選 2位 3
女子 4×400mR 田渕 美沙紀 2 3分54秒96 予選 2位 4
☆ 沖縄での全国I・Hをかけて、最終予選(近畿大会がヤンマースタジアム長居で行われました。
 【初日】
 男子主将の中野がハンマー投で自己記録に迫る投げをし、1年須田が1500mで決勝進出
 2年大西が円盤投で全国まで「あと一歩」に迫る7位入賞!
 【2日目】
 2年筒井が走高跳で自己ベストを跳び決勝進出。
 勢いそのままに決勝に臨みましたが、予選の記録に及ばずでも8位入賞!
 1年須田が1500m決勝で、未経験のハイペースに勇猛果敢に食らい付いたが11位。
 3年禰宜田のやり投は、大会直前のアクシデントで「ほぼ片足」での投げでも諦めず投げきった。
 【3日目】
 1年から「2年連続」全国I・Hに出場している3年原が800mに出場。
 万全ではない状況でも、予選・準決勝と無事通過し「決勝進出」
 チーム浪商の仲間達がヤンマースタジアム長居に駆けつけ、選手達に大声援を送ってくれた。
 女子主将の蔭地が、人生初の近畿の舞台に立ち、堂々と跳躍した。
 3年竹谷がハンマー投で自己記録を更新し、チーム浪商「第一号」の全国を決めた。
 3年阿部が5000m競歩に出場。長い間故障に苦しんだ状況からの復活劇で10位で完歩。
 予定されていた女子4×400mR予選が「雷雨」による悪天候で最終日に順延となり、
 予選タイム上位8チームでの決勝進出というルールに変更となった。
 【最終日】
 4×400mR予選で、チームベストに迫るタイムで走る健闘をしたが全体13位。
 3年田村が3000m決勝に出場し、田村らしく最後まで諦めないレースで走りきった。
 チーム浪商として最後のレースとなる女子800mに原が出場。
 仲間達の大声援を受け、苦しみながらも6位入賞!「第二号」の全国I・H出場を決めた。
 今年もレベルの高い近畿大会であったが、更なる創意工夫で戦えることを出場選手は勿論、
 応援していた者も感じてくれた今年の近畿大会であった。
 関係者の方々や卒業生達の沢山のご声援、本当にありがとうございました。