大阪体育大学浪商高等学校

クラブ活動

陸上競技部 全国高等学校陸上競技大会2020

2020.10.28

全国高等学校陸上競技大会2020   10/23~25 広島広域公園陸上競技場
性別 種目 氏名 学年 記録 結果
男子 400mH 田中 俊輔 3 56秒03 予選 5位
女子 800m 貴島 萌夏美 3 2分14秒73 予選 6位
女子 1500m 伐栗 夢七 3 4分32秒06 予選 3位
女子 1500m 伐栗 夢七 3 4分29秒91 決勝 8位
女子 走高跳 筒井 穂乃茄 3 1m60 決勝 19位
女子 三段跳 宮繁 愛葉 2 11m60 決勝 17位 -0.5
女子 円盤投 大西 愛莉 3 26m91 決勝 28位
☆全国インターハイの中止を受け、代替え試合として開催された
☆全国インターハイの中止を受け、代替え試合として開催された
全国高等学校陸上競技大会2020に本校から6名の選手がエントリー。
初日の女子1500m予選に伐栗が出場。
出場22番目のタイムの伐栗でしたが、落ち着いてレースを展開し
組3位の激走で自力で進出をつかみ取るレースでゴール!
約3時間後に行われた1500m決勝。
決勝進出者12名中、12番目のタイムで決勝を迎えました
予選とは違い、前半から速い展開でのレースでしたが、粘りに粘り
全国大会初出場で初入賞をしてくれました!
続いて女子円盤投に大西が出場。
今回の跳躍・投擲種目は、本来は3本の記録で決勝となるところが
コロナ対策の一環で、予選2本で決勝を決める変則ルール。
練習場での投げは、今までにない良い状態でした。
会場での公式練習でも好調な投げをしてくれていましたが、
試合では本来の大西の投げをさせてやれず、悔しい結果でした。
2日目の女子800mに貴島が出場。
初めての全国大会に少し緊張気味でしたが積極的にレースを展開。
各組1位+3の非常に厳しい決勝進出の条件には届きませんでしたが
最後までくらいつく姿はカッコ良かったです。
今回唯一の2年生、宮繁が女子三段跳に出場!
ランキング上位で迎えたこの大会でしたが、故障を抱えての本番。
不安を抱えて挑みましたが1本目は惜しくもファール。
意地の2本目で11m60を記録するも決勝には届かずでした。
3日目には女子走高跳に筒井が出場。
小柄な体型は有利でない条件の中、勇猛果敢に全国の舞台で跳躍。
入賞の可能性もありましたが、力及ばずでした。
最後に今回唯一の男子、田中が男子400mHに出場。
入学当時から、地味な努力を重ねやっと勝ち取った初めての全国の舞台。
勢いよくスタートするも、1台目のハードルに詰まりリズムに乗れないレース。
悔しさは残りましたが、この経験を次ぎに活かしてもらいたいです。
悔しさは残りましたが、この経験を次ぎに活かしてもらいたいです。
いまは大会にエントリー出来ても、コロナの関係で「いつでれなくなるか」と
いう状況の中で、今回6名の選手が無事に大会に出場できました。
本校の生徒達や先生方、関係者の方々のご協力のおかげです。
本当にありがとうございました。