行事ブログ

7月9日(月)

中国の広州市塘栖中学校の生徒43名が本校に来校し、本校の中学1年生と交流しました。

歓迎の言葉のあと、自己紹介を行い、一緒に昼ご飯を食べました。

昼食後は文化交流ということで、書道をしました。

「夏にちなんだ1字」をテーマに、それぞれの言葉を書きました。同じ意味でも、日本の漢字と、中国語では違う文字だったり、日本の漢字では見たことがない文字も出てきて、子どもたちは驚くとともに、お互いに意味の確認をしていました。また、折り紙体験もしていただき、日本の文化にふれていただきました。

そして最後は、お別れのセレモニーが行われました。最初は緊張していた生徒たちも、このころになると緊張もなくなり、別れを惜しむ生徒もいていました。

今回の来校で、本校の生徒にとって、言葉を伝える難しさを学んだとともに、伝わった時の楽しさ、そしてさまざまな国の人々と触れ合う楽しさを学んだのではないでしょうか。

これからの学校生活・人生とその経験を活かしてほしいです。

 

 

カレンダー

カテゴリー