8月24・25日に行われた第45回全国中学校体操選手権大会で男子体操部が団体優勝をしました。団体メンバーは上山剣竜君、藤島央基君、村上直輝君の3人のみでありミスの許されない厳しい状況でありましたが、見事に力を発揮し栄冠をつかみました。まさしく普段の努力の成果であります。全国優勝は附中時代から9年ぶり2度目の快挙であり、9月19日、松井大阪府知事を表敬訪問しました。

当日は、選手3名と高橋将和監督とともに府庁に伺い、知事よりお祝いの言葉をいただき、写真撮影をしました。その後、選手を代表して3年生の上山剣竜君が力強い挨拶を行いました。

 

校長として

 

「松井知事さんにおかれましたは、本会議開催の直前のお忙しい中、このような会を開催していただき本当にありがとうございました。

生徒たちにも、素晴らしい思い出になったと思います。

 

ご存じのように浪商学園はスポーツが非常に盛んであり、本日、体操で全国優勝を祝っていただいた浪商中、また、その上に浪商高等学校、更に府内に唯一のスポーツ系単科大学の大阪体育大学がございます。

 

2020年、6年後の東京オリンピックにむけて学園あげ、活躍できる選手を輩出したいと思っておりますので、今後とも大阪府のご協力、ご支援、よろしくお願い申し上げ、御礼の挨拶とさせていただきます。ありがとうございました。」

 

以上、お礼を述べました。

 

P1010713P1010708

  • 大阪体育大学浪商中学校
  • 大阪体育大学浪商高等学校