1学期終業式 式辞

2015年07月17日

4月から始まった1学期も本日で終わります。4か月足らずの日数ですが、皆さんそれぞれにいろいろなことが起こったと思います。嬉しかったこと、悔しかったこと、深く反省したこと。明日からも講習やクラブ活動などで、殆どの人は登校してくると思います。高校の野球部は明日から夏の大阪府予選が始まります。ではなぜ終業式をするのでしょうか?

 

答えは「区切りを付けて次のステージへ進む」ためです。この1学期を振り返り、自分自身でよかった点、悪かった点を整理してください。その上で、気持ちを切り替え、比較的自由時間のあるこの夏休みをどう過ごすか決めてください。大人になって振り返れば、中学・高校の夏休みは宝石のような時間です。宿題や部活動以外に自分で課題を見つけて、挑戦してください。その時「落とし穴」が1つあります。それは自分の気分感情です。これを放置しておくと、振り回されて巧く事が運びません。かといって抑え込むだけでは、しんどくなってしまいます。発散する時と抑えるときのコントロールが大切です。

 

さて、3年生はもちろん1・2年生にとってもこの夏の過ごし方が、自分の進路実現にとって、心の成長にとって大きく影響します。悔いの残らないよう取り組んでください。

 

最後に、今年のインターハイは近畿で行われます。総合開会式は和歌山のビッグホエールで、本校選手が出場するハンドボールは堺市、ボクシングは西宮市、体操は大阪市、水泳は京都市で行われます。できれば現地で声援を送ってください。

 

9月の始業式には、元気に再会しましょう。

  • 大阪体育大学浪商中学校
  • 大阪体育大学浪商高等学校