3学期終業式 式辞

2016年03月19日

今日3学期の終業式を迎えました。振り返ってみるとあっという間の1年だったのではないでしょうか。そのあっという間ではありますが、その中にはいろいろなことがありました。反省すべき点は反省し、気持ちを切り替えて4月から新しい年度を迎えてほしいと思います。

 

さて、今日皆さんに紹介したいのは素敵な会社の話です。TVのニュースを見ていると、最近ブラック企業やブラックバイトという言葉がよく出てきます。他にも不正○○事件とか、ネガティブなものばかり報道されます。これはニュースの性質上仕方ないのかもしれません。

ニュースにはあまり出てこないけれども、素敵な会社はたくさんあります。「日本でいちばん大切にしたい会社」という本から紹介します。著者の坂本光司さんは、法政大学の教授で中小企業の研究を専門にされています。その研究の特長は、現場に行き実際に会社の様子を見て、経営者従業員に話を聞くというスタイルです。40年間に6500社を訪問しています。多くの企業が業績や成長を追い求めて経営され、努力しているが景気に左右され赤字経営に陥っている。その中で景気に左右されず、好業績を出し続けている企業が1割ほどある。その1割の企業に共通している点は、次の5人を大切にしている企業だと言います。

1人目 「社員とその家族」

2人目 「社外社員とその家族」

3人目 「現在顧客と未来顧客」

4人目 「障がい者や高齢者など社会的弱者」

5人目 「出資者、支援者」

最たる共通項は「人を大切にする、人のしあわせを念じた経営が貫かれている」事でした。具体的にどんなことか、日本理化学工業(株)の例を見てみましょう。この会社は学校で使うチョークなどを製造する会社で、国内チョーク業界でシェア30%を超えるトップメーカーです。また、知的障害を持っている人を従業員の7割雇用しています。障がい者多数雇用を目指したきっかけは、禅寺のお坊さんから「人間の究極の幸せは、1つ目は愛されること、2つ目はほめられること、3つ目は人の役に立つこと、4つ目は人に必要とされることの4つです。福祉施設で大事に面倒をみてもらうことが幸せではなく、働いて役に立つ会社こそが人間を幸せにするのです。」と教わったからです。

この本には他にもたくさんの好業績企業が紹介されています。ここでは紹介しきれません。是非一度読んでみてください。

  • 大阪体育大学浪商中学校
  • 大阪体育大学浪商高等学校