1学期始業式 式辞

2016年04月07日

昨日入学式が行われ、中学・高校とも新入生を迎えました。新2、3年に進級した皆さんも、今日から新たな1年が始まります。昨日までの良かったことも、悪かったことも、一端リセットして新しい学年のスタートを切ってほしいと思います。

 

さて、今日は年度当初に当り、「やっぱりマインドセット(心構え)が大切!」ということを二人の先輩を例にお話しします。

 

1人目はT.M君です。彼は現在30歳、地元熊取中学から浪商高校に入学します。野球部に所属し、1年の秋からエースに抜擢され、秋の大阪府予選で準優勝、近畿大会でベスト8に入り、第74回選抜大会に出場します。高校卒業後、大阪体育大学に進学、野球部に所属します。3年の時、阪神リーグで優勝し、全日本大学野球選手権に出場、5試合すべてに抑えの投手として登板し、優勝に貢献します。この時、MVP(最優秀選手)にも選ばれました。大学卒業後は、ドラフトで読売ジャイアンツに1位指名で入団、プロ野球選手になりました。しかし、巨人では一軍での登板はなく、3年後戦力外通告を受けます。その時トライアウトに望みをかけ挑戦、インディアンズから声がかかり、マイナー契約を結びます。単身渡米し、マイナーで実績を積みます。昨年冬、金本新監督率いる阪神タイガースから声がかかるが断り、インディアンズと契約し、今年になってメジャー昇格が決まりました。

 

 

もう一人はS.Oさんです。彼女は現在25歳、和泉中学から浪商高校に入学します。陸上部(長距離)に所属し、コツコツ練習に励みますが、全国大会には出場できませんでした。高3の冬、都道府県対抗女子駅伝には、大阪チームのメンバーに選ばれました。高校卒業後、大阪体育大学に進学、陸上部に所属します。大学で花開き3年の時、高校時代には足元にも及ばなかった全国インターハイ上位者を抜いて、日本インカレ1万メートルで優勝します。その年の冬、第30回都道府県対抗女子駅伝の2区を走り、大阪チームの優勝に貢献します。大学卒業後はダイハツに入社し、実業団の陸上部員として頑張っています。

 

2人に共通するのは、脚光を浴びる時期を経験する一方で、故障や伸び悩みの辛い時期も経験したこと。脚光を浴びてる時は驕らず、辛い時期も下を向かずに前を向いていたことです。そのようにできたのは、自分の競技人生に対して、しっかりとした心構えがあったからだと思います。

 

みなさんにも、良い時も、悪い時も一喜一憂せず、しっかりと前を向いて進んでもらいたい。マインドセットはできていますか?

  • 大阪体育大学浪商中学校
  • 大阪体育大学浪商高等学校