1学期終業式 式辞

2016年07月20日

今年の夏は7月に入って晴天続きで、早くも梅雨が明けたのかと思う天気が続きました。気温も猛暑日を含む高温の日が続き、暑さになれるが大変だったと思います。今日で1学期が終わり夏休みに入ります。休みといってもほとんどの人は、講習や部活動で登校する日が続きます。体調管理をしっかりしこの夏を乗り切りましょう。また、友人関係やその他自分では解決できない問題を抱えて、しんどい思いをしている人はいませんか。そのままにせず話しやすい先生に相談してください。学校は必ずあなたの力になります。

 

さて、今日はテレビ番組を一つ紹介します。「奇跡のレッスン」というNHK BSで放送されている番組です。この番組の構成は、世界のトップレベルの指導者が、普通の小学生のクラブチームや中学校の部活動指導にやってきます。1週間の指導で生徒たちがどう変わっていくのかを、ドキュメンタリータッチでまとめたものです。これまで放送された種目は、フットサル、テニス、チアダンス、バスケットボール、バレーボール、バドミントン、アート、野球、柔道などです。

 

それぞれ世界トッブレベルの指導者ですから、指導に対するしっかりとした考え方=哲学を持っています。番組の中では胸にしみる、胸に突き刺さる名言がちりばめられています。どんな名言なのかバスケットボール編を例に紹介しましょう。元NBAプレーヤーのマグジー・ボーグスさんが、東京の公立中学校にやってきます。

 

この人は身長160cm、NBA史上最も小柄でありながら、ポイントガードとして14年間現役で活躍した選手です。2mを超える大男ばかりのNBAで、ハンディと思われる小柄を生かし縦横無尽にコートを駆け巡った伝説の選手です。

 

その1 子供たちへの声かけのポイントは?

「彼らはやっていることが正しいかどうか自信のないときがある。そこで彼らがやっていることが正しいかどうか見て、声をかけてあげる。ネガティブなものばかりだとネガティブになってしまうから、褒めるときはしっかり褒める。」

 

その2 子供たちが同じミスを繰り返したとき、フラストレーションがたまらないか?

「子供たちが間違ったことをしたときに、きちんと伝えることは大切。でもそこにフラストレーションはない。彼らにわかってほしいのだから、わかってもらえるまで辛抱強く伝える。自分の不満は子供たちに伝わるし、彼らはそれを感じている。チームに求める性格を、コーチ自身が備えなければならない。子供たちは学校を映し出し、あなた自身を映し出しているのですよ。」

 

その3 いつプロバスケットボールの選手になろうと思ったのか?

「3歳の時。いろいろな機会に、いろいろな人から無理だといわれた。でも、すべては可能だと信じるマインドセットが必要なんだ」

 

その4 練習後のミーティングで

「みんなも、自分の強さと弱さについてしっかり考えてほしい。弱さを乗り越え、自分の可能性を磨いていこう」

 

その5 試合後のミーティングで

「選手は試合ではうまくならない。練習でうまくなるんだ。自分の弱い部分も悪い癖も、練習でキレイに磨いていくのさ。何度も何度も同じことを繰り返すのはつまらないだろう。だけど絶対にうまくなる。それを続ければ、試合の時”セカンドネイチャー”のように動けるはずさ。」

 

これらの言葉はバスケットボールに限らず、その他の競技、受験勉強などに置き換えても、あてはまると思います。さあ、一人一人が「弱さを乗り越え、自分の可能性を磨いていこう」

  • 大阪体育大学浪商中学校
  • 大阪体育大学浪商高等学校