三学期終業式 式辞

2017年03月21日

皆さんおはようございます

 

振り返れば、あっという間に1年が過ぎ、三学期の終業式の日を迎えました。3年生は中学校・高校とも卒業式を終え、それぞれの進路に巣立っていきました。皆さんは次の学年に進級することになります。

 

さて、本日は「振り返り 自分の成長を確認する」というタイトルでお話しします。振り返りというのは、行事の後や学期の終わりなど時間の節目によく行います。でも何のためにやっているのか、わからずにやってる人もいるようです。この機会に振り返りの意味を理解してください。

 

まずは振り返りと感想は別物です。面白かったなあ、苦労したけど自分なりに頑張った、次はもう少し上に行きたいな、などは感想です。振り返りとは、目標設定に対して、どこまで出来て、何ができなかったのかを明らかにし、これまでの取り組みの良かった点・問題点や課題を洗い出し、改善策を明らかにすることです。

ちょうどPDCAサイクルのCとDに当たります。PDCAサイクルとは、目標設定に対してP(Plan 計画)、D(Do 実行)、C(Check 評価)、A(Act 改善)を繰り返すことで、同じ過ちを繰り返さず、より目標に近づく仕組みのことです。

 

それでは振り返りのレッスンをしてみましょう。振り返りの方法はいろいろありますが、今日はインタビュー形式でやってみましょう。これから私が質問しますので、皆さんは心の中で思い浮かべてください。それでは始めます。

 

➀この1年の最大の目標を思い出してください

 

 

②その目標に対して、特に頑張ったことは何ですか

取り組みを通して、嬉しかったこと・好きになったことは何ですか

もう一度やってみたいと思うことはありますか

 

 

③自分で工夫したことは何ですか

 

 

④新たに分かったこと・気づいたことはありますか

できるようになったことはありますか

 

 

⑤ほかの人を見て感心したことはありますか

ほかの人をまねしたいと思ったことはありますか

 

それでは最後の質問です。これがたくさんある人は、この1年で大きく成長したと言えます。

 

⑥1年前の自分に会ったとしたら、何をどんなふうに教えてあげますか?

  • 大阪体育大学浪商中学校
  • 大阪体育大学浪商高等学校