校長メッセージ

大阪体育大学浪商高等学校 大阪体育大学浪商中学校

校長メッセージ

2学期終業式 式辞

2018.12.22

本日2学期の終業式を迎えました。高3生はまだセンター入試・私大の一般入試・国公立の2次入試、中3生もコース決定試験を控えています。体調管理をしっかりして、冬休みを過ごしてください。他の学年の皆さんも、学習に部活にと忙しいと思いますが、有意義な時間を過ごしてください。

 

今日は「幸せについて」というテーマでお話しします。このテーマは私たち人間にとって避けて通れないもので、何千年も昔から多くの人が探求してきました。例えば、フランスの思想家パスカルは「誰もが幸福になりたいと思っている。そこに例外はない…..。これこそが、首を吊ろうとする人をもふくめて、 あらゆる人間のあらゆる行為の動機である。」と言っています。私たちは毎日いろいろなことをしていますが、その動機は幸せになりたいからといことになります。

では、幸せとはどのような状態をいうのでしょうか。辞書を引いてみますと、「満ち足りていること。不平や不満がなく、たのしいこと。また、そのさま。」とあります。皆さんはどんな時に、満ち足りた気持ちになりますか、どんな条件がそろえば、不平や不満がなく楽しい気持ちになりますか。考えてもらう材料に二つの幸福度ランキングを紹介します。

 

一つ目、国連は2012年から毎年、世界幸福度ランキングを発表しています。156か国を対象にそれぞれの国と地域で約1000人からの回答をもとに結果を算出しています。「今の幸せは0~10の段階でどれくらいか」と尋ね、国ごとの過去3年の平均値を算出して発表しているそうです。幸せの尺度ですが、次の6つから構成されています。

1.国民一人当たりのGDP
2.社会的支援(困難な状況になったときに頼れる親戚・知人がいるか)
3.健康寿命
4.人生の選択の自由度(その国において人生の選択肢の満足度)
5.寛容度(過去1ヶ月間に募金、ボランティア活動を行ったか)
6.腐敗さの認識(ネガティブな感情の少なさ、社会・政治の腐敗を感じるか)

2018年の結果は、第1位: フィンランド 第2位: ノルウェー 第3位: デンマーク 第4位: アイスランド 第5位: スイス 第6位: オランダ 第7位: カナダ 第8位: ニュージーランド 第9位: スウェーデン 第10位: オーストラリア 第11位: イスラエル 第12位: オーストリア、日本は54位でした。上位には毎年北欧の国々が名を連ねています。

では北欧の国々の特長は何かというと、高度な医療、手厚い福祉制度や教育の保障、女性の社会進出がとてもしやすいなど、子育て世代と高齢者にとって非常に住みやすい。ただ、社会保障がしっかりしている分、税金が高く消費税は25%程度です。西洋的な価値基準で見ると、このような結果になるようです。

 

二つ目、スイスWIN/Gallup International 発表幸福度調査」です。これは幸せと答えた人と不幸と答えた人の差で表した「純粋幸福度」で、経済的な要素や寿命といった項目はありません。

2017年の結果は、第1位:フィジー 第2位:コロンビア 第3位:フィリピン 第4位:メキシコ 第5位:ベトナム 第6位:カザフスタン 第7位:パプア・ニューギニア 第8位:インドネシア 第9位:アルゼンチン 第10位:インド 第11位:オランダ、日本は18位でした。上位には赤道に近い国々が上がっています。
一位に輝いたフィジーの国民性は、困った時はお互い様の「助け合い文化」が強い、身近な人を一番大切にすること、良いことは神様に感謝、悪いことも神様の思し召し、小さいことは気にしないし、何でもすぐ忘れる「テキトー」な考え方、ストレス解消方法は、よく食べ、よく笑うことなどがあげられています。こちらのほうは、調査対象の国の数は国連のものよりやや少なめのようですが、それぞれの国に暮らす人々の実感が表れているようです。

 

さて、皆さんはこれまで自分の幸せについて突き詰めて考える機会はありましたか。この冬休みに自分にとっての幸福は、どの様な項目を満たせばいいのか考えてみてください。その項目が満たされれば、本当に自分は幸福と思えるのか考えを深めてください。そして、自分はそれに向かって歩んでいるのか、この一年を振り返ってください。

  • 大阪体育大学浪商中学校
  • 大阪体育大学浪商高等学校

学校法人 浪商学園

大阪体育大学浪商中学校

大阪体育大学浪商高等学校

〒590-0459 大阪府泉南郡熊取町朝代台1番1号

  • TEL.072-453-7001(代表)
  • FAX.072-453-7002