皆さんおはようございます。猛暑日と例年より早めの秋雨前線の停滞で涼しくなった中で夏休みも終わり、本日から2学期が始まります。学年、コースによってはすでに始まっていますが、一つの区切りとして本日、始業式を行います。

 

本日のテーマは「将来に必要な力」です。高校3年生はまさに大きな岐路に立っています。最終的には自分で選ぶことになりますが、その際これまでに付けた力が試されます。学習によってどんな力をつければいいのでしょうか。

 

みなさんは最近よく耳にすると思いますが、学力は知識や技能だけでなく、それをベースにした思考力・判断力・表現力も養う必要がある。加えて、主体性・多様性・協働性も身に着けておくべきものだという話です。それをふまえた学力の見方として、最近「思考コード」というのをよく見かけるようになりました。「思考コード」とは点数や偏差値に変わる新しい学力の基準です。試験問題のレベルが、簡単か難しいかだけでなく、「どの程度の知識が必要なのか」と「どの程度の思考の深さが必要なのか」 という二つの軸で、どの段階に位置するのかというのを図る指標になるものです。

 

では思考コードとはどんなものか具体的に、例を挙げてみていきましょう。これは首都圏模試という会社がHP上にあげていたものです。わかりやすいのでこれをもとに説明します。縦軸で知識の量や複雑さを1~3の段階に分けています。横軸で思考の深さをA知識理解、B論理的思考、C創造的思考の三段階に分けています。思考の深さA段階では、こんな感じです。

A-1 写真(フランシスコ・ザビエル)を見て、この人物の名前を答えなさい

A-2 ザビエルがしたこととして正しいものを すべて選びなさい

A-3 ザビエルがしたこととして正しいものをすべて選び、年代の古い順に並べなさい

思考の深さB段階では、

B-1 ザビエルが日本に来た目的は何ですか? 50字以内で書きなさい

B-2 キリスト教を容認した大名を一人あげ、この大名が行った  こと、その目的を100字以内で説明しなさい

B-3 キリスト教の日本伝来は、当時の日本にどのような影響を及ぼしたのか200字以内で説明しなさい

思考の深さC段階では、

C-1 もしあなたがザビエルの布教活動をサポートするとしたら、ザビエルに対してどのようなことをしますか、200字以内で説明しなさい

C-2 もしあなたがザビエルだとしたら、布教のために何をしますか、具体的な根拠とともに400字以内で説明しなさい

C-3 もしあなたがザビエルのように知らない土地に行って、その土地の人々に何かを広めようとする場合、どの様なことをしますか、600字以内で答えなさい

 

さて、いかがですか。A→B→Cと思考が深まっているのがわかりますね。また、B、C段階の問いに答えるには、Aの知識が不可欠というのもわかります。授業を通しての学習は思考を深めてこそ生きてくる、これを念頭に置いて、二学期の学習に取り組んでもらいたいと思います。

  • 大阪体育大学浪商中学校
  • 大阪体育大学浪商高等学校