校長メッセージ

大阪体育大学浪商高等学校 大阪体育大学浪商中学校

校長メッセージ

令和元年度 3学期始業式 式辞

2020.01.08

あけましておめでとうございます。今日から3学期が始まります。中学3年生はコース決定試験に向けて、高校3年生はセンター試験、私立の一般入試、国公立の二次試験と最後までしっかり頑張ってください。また1、2年生は、学年の仕上げの学期です。それぞれの課題に取り組み、前進していきましょう。

本日は「生き苦しさからラクになる」というテーマでお話しします。皆さんはこんなこと、経験したことはありませんか。「人からなにか頼まれた時に、本当はイヤだと思っているのに、なかなか断れなかったり」「本当は違うことをしたいのに、 まわりの人達の目が気になって、ぐっとガマンしたり」「もう返事を書きたくないのに、何度も何度も、ラインやメール、ダイレクトメッセージをやりとりしたり」。去年の㋃「空気を読んでも従わない」という本が、岩波ジュニア新書から出版されました。著者は劇団を主宰する鴻上尚史さんです。出版以来増刷を重ね、よく売れているようです。前書きに、「この本はあなたの生き苦しさのヒミツをあばき楽になるための方法を書いたもの」とあります。

一部を紹介すると、「どうして先輩に従わないといけないの」の項目で次のようなエピソードが出てきます。日本に来たドイツ人の女性が、大学でゴルフ部に入りました彼女は3年生に途中編入しましたから、部活でも3年生です1年生が奴隷のように 部室の掃除、練習の準備、先輩の世話を焼いているところを見て驚きます。彼女は日本人の部員に聞きます。「1年生や2年生は、どうして3年生や4年生の世話をしなければいけないの 」「先輩なんだから、当然ですよ。」「先輩と言っても、1年違うだけでしょう。1年歳 が上ということが、どうしてそんなに偉いの。」「日本は昔からそうなの 。そういうものなの。」と話がかみ合いません。著者は次のように説明します。ドイツには「先輩・後輩」という考えがない。世界中のほとんどの国で、「先輩・後輩」という考え方がない。相手が年上だろうが 、大人だろうが対等に議論して、尊敬できる人なら尊敬するし、尊敬できない時は、どんなに年上でも尊敬しないのです。と

続けて著者は言います。なぜ先輩に従うのと聞かれたら、「だって、昔からそうだし、みんなそうしているし」となってしまい、なぜそうなるのかというと、これはこの国の文化だから、そうしているのですと。あなたが弱いからでも、先輩が強引だからでもない。イヤな先輩に従わない方法を考えようと思えば、この国の文化を研究する必要があると。研究といえば難しそうだけども、自分で考えることはすごく大切で、何のために考えるのかというと、感情にふりまわされないために、周りが見えなくなって生き苦しくならないために、感情に負けて失敗しないために、よりいい生き方を見つけ楽になるために、と訴えています。

いかがでしょうか、今生き苦しさを感じている人は、この本を参考に一度考えてみませんか。この本では、先輩の項目以外に、次のような疑問にも答えています。

どうしてこんなに人の頼みを断るのが苦しいのか?

どうしてこんなに周りの目が気になるのか?

どうしてこんなに周りに合そうとしてしまうのか?

どうしてこんなにラインやメールが気になるのか?

どうしてこんなになんとなくの「空気」に流されるのか?

それでは三学期もチャレンジングに学校生活を送りましょう。

  • 大阪体育大学浪商中学校
  • 大阪体育大学浪商高等学校

学校法人 浪商学園

大阪体育大学浪商中学校

大阪体育大学浪商高等学校

〒590-0459 大阪府泉南郡熊取町朝代台1番1号

  • TEL.072-453-7001(代表)
  • FAX.072-453-7002