学校法人 浪商学園 大阪体育大学浪商中学校

浪商中学の特色

未来へと羽ばたく
浪商の中高一貫教育

文武両道のもと、一人ひとりの個性と可能性を伸ばす大阪体育大学浪商中学校。
個々の将来に応じた学習プログラム、充実した設備で行う部活動、
視野を広げるグローバル教育、実践力を養うICT教育。
浪商ならではの学びを通して、広い未来へ駆け出すための礎を築きます。
充実した毎日を過ごしながら、夢を実現していきましょう。

1

「生きる力」を育む 6 年間の中高一貫教育

2

将来に応じたプログラム詳しくはこちら

グローバルプログラム
国際理解教育を通じて、国際社会を生き抜く力、多角的な視野と主体性を育成します。

3

将来に応じたプログラム詳しくはこちら

スポーツ進学プログラム
健全な体の発達を促し、運動能力を育成するとともに
スポーツ科学やトレーニング理論を学び、またテーピングなどの実践的な知識を身につけます。

4

ネイティブスピーカーによる

英語学習環境の充実

5

最高の仲間と共に切磋琢磨!詳しくはこちら

6年間を通じ充実した環境で練習できる部活動

6

情報化の時代に対応した先進的な学び

実践力を養うICT教育

7

生徒の学力定着をサポート詳しくはこちら

ステップアップ講習・フォローアップ講習(浪商塾)

東京2020オリンピック・パラリンピック教育実施校

挑戦は成長につながる踏切板

大阪体育大学浪商中学校 校長
工藤 哲士

本校は建学の精神である「不断の努力により、智・徳・体を修め、社会に奉仕する」人材の育成をバックボーンとして教育活動を行っております。中学高校の6年間は体も心も大きく変化し、日々の生活や出来事が心身の成長に様々な影響を及ぼす時期です。
本校では一人ひとりの長所を伸ばしながら、全面的な発達を目指します。それぞれの発達段階に合わせて、授業はもちろん、そのフォローアップ体制を整え、多様な体験活動を準備、部活動では中高大連携のもと最新の科学的なトレーニング法をはじめ、高いレベルの指導を受けることもできます。また、個性と進路希望に合わせて、浪商高校の各コースへの進路選択に対応しております。  
さて、今の中高生が社会で活躍する20年後、30年後の日本社会はどのような姿になっているのでしょうか。未来予測は当たらない場合も多いのですが、少子超高齢社会による人口減少、情報化社会のさらなる高度化、AI(人工知能)の進化・発達などが、生活の仕方、職業の種類、働き方などに大きな変化をもたらすのではないかと予想され、変化への対応力が求められています。本校では、次の教育目標を掲げ活動しております。

・自己を受容し、チャレンジ精神を持つ生徒の育成
・メンバーズシップを育み、社会貢献をめざす生徒の育成
・心身の成長を促し、生きていくエネルギーに満ちた生徒の育成 

この教育目標の下、理想を掲げ、いろいろなことにチャレンジし、視野を広げてほしい。
その過程でのつまずきは次のステップへの栄養にし、前を向いて一歩ずつ進んでいきましょう。そんな中学生活をサポートしてまいります。