3学期終業式 式辞

2018年03月22日

皆さんおはようございます

 

振り返れば、あっという間に1年が過ぎ、3学期の終業式の日を迎えました。3年生は中学校・高校とも卒業式を終え、それぞれの進路に巣立っていきました。皆さんは次の学年に進級することになります。

 

さて、韓国のピョンチャンで冬季オリンピック・パラリンピックが行われました。本日はそれに関連して「アスリートから学ぶ」というタイトルでお話しします。オリンピックでは、これまでで最多のメダルを日本は獲得しました。そこにはいろいろなドラマがありました。中でも私が一番印象に残っているのは、女子パシュートです。決勝は日本とオランダで、一人一人の選手の力はオランダが大きく上回っていましたが、団体戦のチームワーク、試合運びは日本が上回り金メダルを獲得しました。

一方、パラリンピックに山本篤さんがスノーボード2種目に出場していたのを知っていますか。そう、この方は大阪体育大学と大学院に在籍していた方です。山本さんのプロフィールをウキペディアからひも解くと、静岡県掛川市生まれ、小さいころからスポーツ好きで小学校の頃は野球を、中学・高校ではバレーボールをしていました。高校時代は垂直跳びで1mを超えるジャンプ力があったそうです。しかし、高校2年の春休みにスクーターで事故を起こし、入院後手術で左足を大腿から切断することになります。この経験から技師装具士を目指し、高校卒業後、専門学校に入学します。ここで、学生として在籍していた義足スポーツ研究者の稲葉さんに出会います。陸上競技を勧められ競技を始めます。

義肢装具士の国家資格を取得し就職も決まりますが、パラリンピックを目標に陸上競技を続けることを決め、2004年4月 大阪体育大学に入学、陸上競技部に所属し、100m、走り幅跳びの日本記録を次々と塗り替え、世界ランキング上位の実力を身につけました。

その後の戦績は次のように大活躍をされます。

2008年 北京パラリンピック 100m5位、走り幅跳び銀メダル

日本パラリンピック陸上界の「義足アスリート」としては初のメダリストに

2012年 ロンドンパラリンピック 100m で6位、200mで8位、走り幅跳びで5位

2013年 パラ世界選手権 走り幅跳びで金メダル

2015年 パラ世界選手権 走り幅跳びで金メダル

2016年 国内大会で世界新記録を樹立

2016年 リオパラリンピック 走り幅跳びで銀、

400mリレーで銅

2017年 スポンサー契約を結び、プロに転身

2018年 ピョンチャンパラリンピック スノーボードで出場

 

山本さんのこれまでの人生には、節目節目で「出会い」「選択」「心構え」「挑戦」という言葉が当てはまります。いい「出会い」はたまたまですが、人生の最も大切で面白いことの一つです。「選択」「心構え」「挑戦」は勇気が必要ですが、人生を豊かにするチャンスです。皆さんもチャンスを大切にしてください。

卒業生のみなさん、保護者の皆様、ご卒業おめでとうございます。今日は皆さんにとって大きな区切りの日となります。義務教育の期間を終え、今後は自らの意思で学業を継続し人格の完成を目指すことになります。また、今日の卒業式典にご多用の中、学校法人浪商学園常務理事 西尾一実様をはじめ多くのご来賓の方々に、ご臨席をいただきありがとうございます。高いところからではございますが、心から感謝申し上げます
保護者の皆様に申し上げます。3年前、皆様の大切なお子様をお預かりいたしまして、ご期待に添うよう教職員一同、一体となって教育してまいりました。この間、本校の教育活動に格別のご理解とご協力をいただき、本当にありがとうございました。これまでお子様を育ててこられた保護者の皆様には、感無量のものが、おありかと推察いたします。先ほど表彰いたしましたように、皆勤賞をはじめ,外部の団体からも表彰されるなど、多くの活躍があり心強い限りだと思っております。

さて、卒業生のみなさん、改めて卒業おめでとう。この3年間、教科の学習、クラブ活動、特別活動など学校生活を頑張って過ごしてきました。もちろん思い通りに進んだことも、うまく行かなかったこともあったでしょう。振り返ってみると、失敗の中から多くのことを学び、成長できたように思いませんか。これから始まる高校生活でも、壁にぶつかり、迷い、悩むことがあると思いますが、しなやかに受け止めて対応してください。より一層あなたを成長させてくれるはずです。

皆さんが社会に出て活躍する未来はどうなっているのでしょうか。リニア新幹線が東京大阪間を1時間程度で結び、自動運転の車が荷物や人を運び、ドローンが宅配便を自宅へ届ける、街のコンビニは無人化しロボットが品出しや掃除、接客をしているかもしれません。自分の将来をイメージしにくい時代になりました。しかしながらどの時代であっても、その時代を生きる若者にとって未来は不確かなもので、不安であったとも思えます。そんな不安の中で自分の将来を手探りしていくときのキーワードは、自分の「好き」を見つけるだと思います。自分の「好き」を見つけることは案外難しいことです。なぜなら、見つけようと努力すればするほど、それは遠ざかっていくように思えるからです。今を精一杯生きることが自分の「好き」を見つける近道だと思います。中学三年生の自分、高校一年生の自分を精一杯生きることが、自分の「好き」を見つけることにつながります。そのきっかけは様々で、たまたまの人との出会い、たまたま見たTV番組、たまたま読んだ本など。もうすでに出会っている人がいるかもしれません。

みなさのこれからの人生で、そんなきっかけに出会い、自分の「好き」を見つけることをお祈りし、式辞といたします。

  • 大阪体育大学浪商中学校
  • 大阪体育大学浪商高等学校