校長日記~スクールライフ~

令和5年度 第76回 卒業式 式辞

2024.02.03

平素は本校の教育活動にご理解とご協力いただき誠にありがとうございます。

令和6年2月3日(土)令和5年度 第76回 卒業式を挙行いたしました。

ご来賓の皆様、保護者の皆様、多数の関係の皆様方にご参列いただき、滞りなく終了することができました。

関係各位には心より御礼申しあげます。

 

こちら → 令和5年度 高校卒業式式辞

令和5年度 3学期始業式 式辞(1月9日)

2024.01.09

令和5年度 3学期始業式 式辞(1月9日)

中高生の皆さん おはようございます。

早速ですが1日の夕刻に発生した能登半島地震では、現在も連日に渡り大きな被害が報告されており、大きなショックを受けていることと思います。この場を借りて、ご不幸に見舞われた方々には心からお悔やみを申しあげます。そして、現在も大きな影響を受け続けている方々も少なくありません。一日でも早い回復を願うばかりです。

皆さんや家族の安全のこと、周辺地域に親戚、知人がいる可能性もあること、また帰省中、移動途中など色々なことが考えられたため、年始早々、急ではありましたが2日の朝、さくら連絡網やホームページで呼びかけをさせていただきました。

現在、サッカー部の皆さんの協力のもと物資支援の協力をいただいていますが、引き続き皆さんの声を聞きながら、私たちができることについても検討していきたいと考えています。

中学生、高校生とも3年生は3学期に登校する日数も限られています。今年は文化祭、体育祭をはじめリーダーシップを発揮し、クラブ活動の活躍も含めて、学校全体を大いに盛り上げ、まとめてくれた素晴らしい学年だったと思います。最後までみんなが支えあい、励ましあい、一体感を持った行動で、フィナーレとなる卒業を迎えてほしいと思います。最後の締めくくり方が本当に大切です。また卒業式後、中学生は約一か月、高校生は約二か月のまとまった時間ができます。新しい年度となる4月に良いスタートを切るためには、3月の過ごし方が大きなポイントとなるはずです。

1年生、2年生も3学期は1年の締めくくりです。3学期のみテストは1回だけです。3学期に気を抜くとトータルの成績も下がります。良ければ挽回できる可能性もあります。1.2学期の成績も確定しているので、目標とすべき点数も理解できているはずです。

年末年始は日常あまり顔をあわすことがない人と接する機会も多かったと思います。自分自身も卒業生、知人、親戚と交流する機会も増え、沢山の人から元気、勇気をもらい、日々、多くの人の支えの中で生活できていることに、あらためて感謝としあわせを感じることができました。新学期を迎えるにあたり、不安を持っている人も少なくないと思います。友人の表情、行動、様子も気にかけながら、周囲への気遣い、心配りも忘れないように協力よろしくお願いします。

最後になりましたが、二学期の終業式で皆さんに話をした通り、昨年の反省を糧に、今年の明確な目標を定め、立てた目標をやりきる覚悟、その「心構え」をもって、今年一年、ともに頑張っていきましょう。今年もよろしくお願いします。

 

大阪体育大学浪商中学校・高等学校  工藤 哲士

2024年(令和6年) 新年挨拶

2024.01.01

2024年(令和6年) 新年挨拶

新年あけましておめでとうございます。

平素は本校の教育活動に多大なるご理解とご協力を賜り、誠にありがとうございます。2023年(令和5年)は教育活動も通常通りに行われ、校内は以前のように活気あふれる状態に戻ってきました。

様々な活動を通して、クラスやクラブの友人、先輩・後輩との交流も深まり、より親密な信頼関係を築けることは大変すばらしいことであり、一つ一つの交流、思い出こそが、中学校生活、高校生活のかけがえのない財産、宝物になります。在校生の皆さんには、今しか経験できないこと、体験できないことを全力で取り組み、学校生活を存分に楽しんでほしいと思っています。

同時に保護者の皆様方にも、学校の諸活動に活発にご参加いただき、平素の子どもたちの様子もご覧いただけるようになり、大変うれしく思っております。また保護者会活動におかれましても現執行部の皆様方を中心に、主役である生徒の意見を取り入れながら、充実した教育活動が行われるよう環境面や行事のサポートをして頂いております。

懇談会、鑑賞行事、文化祭、体育祭、社会見学、スポーツ大会など保護者の皆様方にご参加いただいた行事も沢山あります。引き続きの積極的なご参加ならびにご協力をお願いするとともに、子どもたちをご支援いただき、私たち教員との交流も深めていくことができればと思っています。

予測不能な未来社会において、子どもたちを取り巻く環境も刻一刻と変化を続けます。今後とも保護者の皆様ならびに関係各位との連携、協力をはかりながら、教育活動を進めていきたいと考えております。皆様方には引き続きのご理解とご協力を賜れますようお願い申しあげます。皆様方にとって幸多き一年になることを祈念し、2024年(令和6年)、新年の挨拶とかえさせていただきます。

 

 

大阪体育大学浪商中学校・高等学校  校長  工藤 哲士

 

令和6年1月1日

令和5年度 2学期終業式 式辞(令和5年12月20日)

2023.12.20

中高生の皆さんおはようございます。

皆さんの協力のおかげで、本日、無事に2学期の終業式を迎えることができました。同時に2023年も残すところ後10日となりました。ちょうど1年前の終業式で、皆さんに「新年を迎える心構えができているか。」という問いかけをしました。心構えができているということは「今年1年間の自分の行動、言動、様々な出来事を振り返り、反省や課題が整理できているということ。その1年間の反省を糧に、新年の明確な目標を定め、立てた目標をやりきる覚悟を決めること、これが心構えである。その覚悟を決めるのは自分の心」という内容でした。

皆さんに問いかけながらも、今、まさしく自分自身も1年の振り返りをしています。特に、この1週間は沢山の反省、課題を抽出する時期としています。様々な課題から目を背けることなく、向きあおうとしているところです。今年もこの時期を乗り越えて、覚悟を決めて新年を迎えたいと思っています。

この寒い冬、厳しい冬をどう過ごし、どう乗り越えるかで春の訪れ方は大きく変わってきます。自分の人生は自分が決めて歩むべきもので、人に決められるものではないはずです。人それぞれ目指している夢や目標も違えば、課題も異なるはずです。もちろん取組む内容も解決策にも違いがでてきます。だからこそ、皆さんには主体的に取り組むことを大切にしてほしいと思っています。次に課題と課題が複雑に絡み合い、新たな課題を生むなど、次に何が起こるかが予想し難い社会を迎えています。課題を調整する力、柔軟な適応力、そして何よりも課題に対して誠実に向き合える心を育み続けてくれることを願っています。

最後になりましたが、年末年始、冬休み期間中も講習、クラブの練習、大会、合宿等も予定されています。引き続き感染症対策、体調管理には注意してください。

 

大阪体育大学浪商中学校・高等学校  工藤 哲士

令和5年度 2学期始業式 式辞(中学8月21日・高校9月1日)

2023.09.01

令和5年度 2学期始業式 式辞(中学8月21日・高校9月1日)

 

中高生の皆さんおはようございます。

早速ですが、一学期の終業式では皆さんに三つのメッセージを伝えました。

一つ目が

「今しか経験できないこと、体験できないことを全力で取り組んでほしい。中学校生活・高校生活を存分に楽しんでほしい。」ということ。

二つ目が

「人の数だけ考え方やモノの見方が違う中、相手との距離感を間違えれば、戸惑いや傷つきが生まれてしまう」

自分本位の発信になっていないか。相手に求めすぎているところはないか。その人の立場に立った対応ができているかを振り返ってほしいという話でした。人との距離感はSNSも同じである      ということ。

特に二学期がスタートする今、不安や悩みを抱えている人もいると思います。周囲の様子をしっかりと見て、お互いが支えあい、助け合えるよう協力をお願いします。

一つ目と二つ目は二学期、そしてこれからの学校生活、社会に出てからも大切なことです。特に二つ目については、くれぐれも気を付けてほしいと思います。

三つ目は「充実した夏休みを過ごしてほしい」ということ。

夏の間に目標をもって取り組めた人と、目標なく過ごした場合とでは、表情にはっきりと違いがでるという話をしました。

それぞれ評価できたこと、反省すべきことを整理し、この二学期の過ごし方、目標を明確にした上で、二学期をスタートさせてほしいと思います。

 

最後になりましたが、今夏も中学高校の幾つかのクラブの大会に応援に行かせていただきました。頑張っている姿に感動があり、先生自身も君たちに大きな刺激をもらうことができました。     引き続き応援しています、一緒に頑張っていきましょう。

三年生、進路決定に向けて踏ん張りどころです。後悔のない戦いを期待しています。

 

 

大阪体育大学浪商中学校・高等学校  工藤 哲士

令和5年度 1学期終業式 式辞(令和5年7月20日)

2023.07.20

令和5年度 1学期終業式 式辞(7月20日)

 

中高生の皆さんおはようございます。ようやく中高生全員が体育館に集まり、このような形で令和5年度 1学期の終業式が行えるようになりました。

学校行事、部活等の大会もほぼ通常通り行えるようになり、校内にも活気が出てきたことを大変嬉しく思っています。

様々な活動を通して、クラスやクラブの友人、先輩・後輩との交流も深まり、より親密な信頼関係を築けることは大変すばらしいことです。その一つ一つの交流、思い出こそが、

中学校生活、高校生活のかけがえのない財産、宝物になるものです。今しか経験できないこと、体験できないことを全力で取り組み、楽しんでほしいと思います。

同時に注意しないといけない点もあります。人の数だけ考え方やモノの見方が違う中、相手との距離感を間違えれば、戸惑いや傷つきが生まれてしまうのも事実です。この体育館には

先生方、生徒諸君をあわせると約900名がいます。900通りの思いや考えがあり、時にはすれ違い、時には交わり、重なり合いながら浪商中高は存在しています。

クラス、クラブ、学校生活、電車やバスなどの公共交通機関、家族といる空間も同じです。またSNSにも同じように距離感は存在します。自分本位の発信になっていないか。

相手に求めすぎて いるところはないか。その人の立場に立った対応ができているか、その場に適した言動、行動ができているか、振り返ることも大切だと思います。

夏の過ごし方も900通り存在します。先生自身は16日.17日の連休で、1学期の課題を踏まえ、この夏に何をすべきか、2学期 良いスタートを切るためにすべきことをようやく整理

できたところです。皆さんは準備できていますか。

担任の先生方もこの夏の皆さんの成長には期待しています。しかし、実際のところ2学期のスタートは大変楽しみでもあり、不安も大きいと思います。夏の間に目標をもって

取り組めた人と、  目標なく過ごした場合とでは、表情にはっきりと違いがでるからです。

たかが一か月、されど一か月。日々の具体的な計画を実行し、この夏で全員が大きく飛躍してくれること、そして良い表情の皆さんと会えることを楽しみにしています。

特に三年生、残された時間はあと少しです。先生方も応援していま  す。また後輩たちも君たちの後姿を見ています。悔いのない戦いを期待しています。

 

大阪体育大学浪商中学校・高等学校  工藤 哲士

御礼の手紙 

2023.06.07

平素は本校の教育活動にご理解とご協力いただき誠にありがとうございます。

地元の熊取町の皆様にはご迷惑をおかけすることもある中、先日、以下のようなお手紙を頂戴しましたので、紹介させていただきます。

メッセージを拝読させていただき、心温まる思いでした。

 

 

1学期始業式 式辞(令和5年4月8日)

2023.04.08

1学期始業式 式辞

皆さん、おはようございます。ようやく体育館で全校生徒が集まり、始業式が開催できることをうれしく思っています。1年間宜しくお願いします。

一昨日入学式を行い、中学41名・高校278名の新入生を迎えました。浪商中高生合計859名の皆さんと一緒に令和5年度をスタートすることになります。

皆さんにお願いしたいこと、一番の思いは859名全員が明るく楽しく笑顔で学校生活を送ってくれることです。

新年度を迎えるにあたり、全員がそれぞれに期待と不安をもって、この場に集まってくれていると思います。

・期待について

自分自身に大きな期待を持ち、目標を明確にして、その決めたことについては必ずやり切ってください。小さい目標でも細かいことでもいいです。とにかく自分が決めたことをやりきる強い  心を持ってください。中学生、高校生、大人も子ども同じです。やりきりましょう。

 

・不安について

クラスやクラブ活動でも全体の雰囲気、空気をしっかりと肌で感じながら、周囲に対する心遣い、心配りを大切にして過ごしてほしいと思います。朝のおはようという挨拶であったり、教室を移動するときの声かけなど、君たちの何気ない日常の挨拶や一言一言が心強い励ましのメッセージとなり、友人の支えになるはずです。

1年間ご協力よろしくお願いします。

 

 ○退任教員の紹介 令和4年度末 4名の先生がご退職されました。

・英語科 徳田先生 ・英語科 湯川先生 ・数学科 安東先生 ・国語科 竹本先生

 

○新任教員の紹介  令和5年度 9名の先生方が着任されました。

 一言挨拶をいただきたいと思います。宜しくお願いします。

・北川先生(高校教頭) ・神牧先生(理科) ・立津先生(英語) ・西村先生(英語) ・濱本先生(英語)

・矢倉先生(保体) ・樋口先生(数学) ・元田先生(地歴) ・松阪先生(国語)

 

○表彰伝達

高校

  • 器械体操部(1名表彰)

第39回全国高等学校体操競技選抜大会

個人総合10位

種目別ゆか5位:川口碧雪(かわぐちあゆき)【賞状】※スピーチ有

 

中学

  • レスリング部(5名表彰)※全員メダルはかけない

西日本中学生レスリング選手権大会

①38㎏級 優勝:古澤陸【賞状】

②2位:古澤健【賞状】

③48㎏級 優勝:古澤大和【賞状】

④68㎏級 3位:庵野桜暉(あんのおうき)【賞状】

⑤75㎏級 優勝:小林賢弥(こばやしさとや)【賞状】※スピーチ有

【※追加】U15レスリングアジア選手権大会 日本代表選考会 75kg級 第1位【賞状】

 

  • ハンドボール部(全員整列)※全員メダルをかけておく

令和四年度第十八回春の全国中学生ハンドボール選手権大会 優勝

楠原楓也(くすはらふうや)※スピーチ有【賞状】

②亀井快人【優勝旗】

③山中大智【優勝カップ】

 

 

令和5年度 入学式式辞(令和5年4月6日)

2023.04.06

令和5年度 入学式式辞(令和5年4月6日)

ここ浪商学園熊取学舎は自然豊かで、常に四季の彩を体感することができる広大なキャンパスです。今、まさに桜の香りが満ち溢れる春の佳き日に、三百十九名の新入生の皆さん、そして保護者の皆様をお迎えすることができたことは、本校の教職員ならびに学園関係者一同にとって大きな喜びです。ご入学 誠におめでとうございます。皆さんの入学を心から歓迎申しあげます。

さて、保護者の皆様、幼稚園の入園式、小学校、そして中学校の入学式と現在のお心持、お気持ちの違いはいかがなものでしょうか。

お子様が一歩一歩成長をとげる過程において、皆様にとって不安事、心配事はつきものだったと思います。

その時々に悩みがあり、ご家族でしかわかり得ない数々のご苦労やドラマがあり、本日の入学式をむかえられたことと推察いたします。溢れんばかりの愛情を持って、どんな時でもお子様の成長を一番に考えてこられた保護者の皆様、あらためまして、ご入学誠におめでとうございます。本日より3年間、本校の生徒として大切なお子様をお預かりし、全教職員が愛情を込めて共に過ごし、我々も子どもたちと共に精進し、成長していきたいと思います。

さて、私たち教職員と保護者の皆様にとって大切なことは、どのような時でも子どもたち、生徒たちを中心に物事を考え、良い協力体制、連携体制を構築することです。何事も早い段階から連絡、相談、コミュニケーションをとりながら、共に子どもたちを支援していきましょう。ご家庭、学校が一体となり、お互いが協力し合うことで、子どもたちは二倍にも三倍にも成長した姿を見せてくれることと思います。様々な場面において小学校との違い、中学校との違い、また他校との違いを感じることがあるかもしれませんが、どうか本校の教育方針をご理解いただき、ご協力、ご支援を賜りますよう、お願い申しあげます。

続いて新入生の皆さん 皆さんは数ある公立、私立の中学校、高校の中から浪商中学校、浪商高校を選択してくれました。卒業する際には、その選択は間違っていなかった、浪商に来て本当に良かったと心から思える三年間にしてください。

私立学校には創設時から受け継がれている「建学の精神」があります。本校は「不断の努力により知徳体を修め、社会に奉仕する人材の育成」という理念のもと教育活動を行っています。新入生の皆さんには、その建学の精神に基づいた三つのメッセージを送ります。

まず一つ目が、これからスタートする三年間は皆さん自身の手で、心で、どのよう形でも色にでも創り上げることが可能です。今の皆さんには無限の可能性を持っています。失敗を恐れず、何事にも積極的にチャレンジして下さい。

二つ目が、今日より明日、昨年より今年、小学校時代より、中学校時代より進化した自分、ワンランクアップした自分を獲得してください。人にはそれぞれ個性があり、好き、嫌い、得意、不得意が存在しますが、日々、自分なりの成長を遂げることが大切です。具体的には今の自分よりワンランクアップした学力と体力を身につけて欲しいと願っています。

学力面においては中高、所属コースに関係なく、基礎学力はもちろん学力の向上、社会で通用する知識と教養を養い、自分が希望する進路を実現できる本物の力をみにつけて下さい。

体力面についてはまずは健康が第一です。そして、日々の学習活動、クラブ活動、様々な行事等の学校生活を充実させるには相当な体力が必要です。病気をしない体、怪我をしない体、文武両道を全力で実践できる体力を身に着けてほしいと思います。また本校はクラブ活動を奨励しています。部活動における競技力の向上、成果も大いに期待しています。

学力、体力とも自分に適した具体的な目標を定め、常に一つ上の目標、一つ上の自分にチャレンジすることを続けて下さい。

三つ目です。急速なまでに変化の激しい現代社会は、次々と新たな課題を提供してくれます。この三年間は混在する様々な課題に対する物の見方、考え方を学ぶ機会であり、色々な角度から自分自身を見つめる機会でもあります。本校での様々な活動、そして友人、先輩、先生方とのかけがえのない出会いを通して、周囲に対する心遣い、気遣いができるやさしい心、挨拶や礼儀を大切にする心、厳しい苦難を乗り越えることができる強い心を養い、卒業後は社会に貢献できる、活躍できる人材に成長してくれることを切に願っています。

本日入学した新入生の皆さんの充実した学校生活と健やかな成長、そして限りない可能性を祝し、式辞といたします。

 

令和五年四月六日

大阪体育大学浪商中学校高等学校 校長 工藤 哲士

令和4年度 3学期 終業式 式辞(令和5年3月20日)

2023.03.20

令和4年度 3学期 終業式 式辞(令和5年3月20日)

皆さんおはようございます。生徒の皆さん、先生方、職員の皆様方の協力のおかげで、本日、令和4年度 3学期の終業式を無事に迎えることができました。1年間ご協力ありがとうございました。

1年間 始業式 終業式を通して皆さんに伝えてきたことを振り返り、終業式の挨拶にしたいと思います。

・1学期 「周囲に対する思いやりを持ち、全員が楽しいと思える学校であってほしい。」

・2学期 「心構えについて」

心構えができているということは反省や課題を整理し、具体的な目標にむかって突き進むこと。

何事も周囲の責任、誰かの責任にせず、自分自身が覚悟を決めて取り組むこと。

・3学期 「心の在り方について」

人は心の在り方で見え方や感じ方が変わる。今まで見えなかった世界を、景色を眺めることができる1年にしてほしい。

皆さんに伝えながらも、自分自身がどこまで実践できたかについても自問自答しています。

実際の頭の中は「達成できたことやうまくいったことより、迷惑をかけたこと失敗したこと、気づかいや心配りが足らなかった反省ばかり」が記憶に残っています。自分自身にも言い聞かせていますが、皆さんも春休み中に気持ちを整え、リセットし、新年度  良いスタートをきりましょう。

それでは皆さん前を見てください。今年1年間お世話になった担任の先生です。皆さんが見えないところでも沢山のサポートをしてくれました。周囲を見てください。今年1年間 ともに過ごしてきたクラスメイトです。ホームルーム教室も本日が最後となります。昨年の終業式でも話しましたが、「一期一会」という言葉は「これからも何度でも会えるだろうが、もしかしたら二度と会えないかもしれないという覚悟で人には接しなさい」と戒めの意味も含んでいます。若い皆さんには沢山の別れと出会いは大きな刺激であり、様々な価値観を学び得る貴重な機会でもあります。一つ一つの別れと出会いを積み重ねていくことが皆さんの財産となり、成長に繋がるものだと思います。この春に訪れる別れと出会いに心から感謝し、一回り成長した皆さんに始業式に会えることを楽しみにしています。

春休みの3週間はすぐに終わります。計画的に充実した春休みを過ごして下さい。

 

 

大阪体育大学浪商中学校・高等学校  工藤 哲士

 

 

 

表彰伝達

 

【レスリング部】

〇高校

・令和4年度第66回全国高等学校選抜レスリング大会第40回近畿ブロック予選会

65㎏級 今永望夢(いまなが のぞむ) 第4位

92㎏級 松本彬夢(まつもと あゆむ) 優勝

※2名は3月末に行われる全国高等学校選抜レスリング大会の出場権獲得

 

〇中学

・U13ジャパンオープントーナメントレスリング選手権大会

52㎏級 高塚旺介(たかつか おうすけ) 第3位

 

〇中学

・2023 年U15 レスリングアジア選手権大会日本代表選考会

75㎏級 小林賢弥(こばやし さとや) 優勝

※7月にヨルダンで開催されるU15アジア選手権に日本代表として参加

 

【柔道部】

・第64回近畿高等学校柔道新人大会 70㎏級 第3位

・第72回大阪高等学校新人柔道大会 70kg級 優勝

加藤七乃羽(かとう なのは)

 

【女子バスケットボール】

・第71回大阪高等学校バスケットボール新人大会 大阪府第3位

・第34回近畿高等学校バスケットボール新人大会 出場

キャプテン:大野優(おおの ゆう)

 

【ハンドボール部】

・近畿高校新人大会 出場決定戦で勝利

→3月23日から三重県で開催される全国選抜大会に出場決定

キャプテン:勝村海生(かつむら かいせい)

 

【大阪高等学校総合体育大会】

 

・男子総合優良校

 

・女子総合第六位

  • 大阪体育大学浪商中学校
  • 大阪体育大学浪商高等学校

学校法人 浪商学園

大阪体育大学浪商中学校

大阪体育大学浪商高等学校

〒590-0459 大阪府泉南郡熊取町朝代台1番1号

  • TEL.072-453-7001(代表)
  • FAX.072-453-7002