学校法人 浪商学園 大阪体育大学浪商高等学校

大阪体育大学 内部進学

大阪体育大学への
内部進学について

体育学部・教育学部への内部推薦入学制度があり、推薦入学規約に基づき、人数枠内で内部進学できます。

内部進学者数

内部進学者数

大阪体育大学の主な就職状況

  平成24年度 平成25年度 平成26年度 平成27年度 平成28年度 平成29年度 平成30年度
学校関係 190 171 209 169 155 160 184
公務員 80 76 65 62 94 93 62
企業 137 175 184 134 206 237 235
スポーツ関係 56 43 44 59 53 43 29
医療・福祉 32 24 22 21 22 21 7
プロスポーツ 2 7 3 27 29 17 39

※プロスポーツは平成27年度より実業団含む (人)

大阪体育大学 公務員
(消防、警察など)試験
合格者数(教員を除く)

  平成
21年度
平成
22年度
平成
23年度
平成
24年度
平成
25年度
平成
26年度
平成
27年度
平成
28年度
平成
29年度
平成
30年度
現役合格者数 23 9 20 30 30 30 27 22 27 52
既卒合格者数 90 121 106 82 46 34 - - - -
合格者数合計 113 130 126 112 76 64 - - - -

(人)

大阪体育大学 教員採用試験 合格者数

  平成
21年度
平成
22年度
平成
23年度
平成
24年度
平成
25年度
平成
26年度
平成
27年度
平成
28年度
平成
29年度
平成
30年度
合格者数 62 34 52 94 85 83 76 94 91 77

(人)

卒業生からのメッセージ

自分の夢や目標を全力で応援してくれる先生方

私が浪商に入学したとき、周りの人がすごくしっかりしていて驚きました。そんな環境で学校生活を送れたおかげで、卒業までにいろいろな面で成長することができたと思います。何を行動をするときも、自分でしっかりと計画を立ててから動くようになるなど、自立した生活ができるようになりました。小さい頃から興味があった自衛隊に入るために、今は防衛大学校に通っています。まだスタートラインに立ったところですので、自分の目標を達成できるよう、毎日頑張っています。
浪商には自分の夢や目標を全力で応援してくれる先生方がいらっしゃいます。ここでしっかり頑張っていれば、皆さんも3年後には大きく成長し、夢や目標が叶えられているはずです。

防衛大学校 理工学専攻
坂本 悠輔 さん

2017年度 類コース卒業

勉強もスポーツもとことんできる環境

在学中は野球部に所属していて、毎日仲間と競い合いながら野球をやることがとても楽しかったです。しかし、私には医師になりたいという目標がありましたので、クラブ活動だけではなく勉強も頑張りました。担任や副担任の先生を始め、多くの先生方にサポートしてもらい、成績を伸ばすことができました。また、勉強においても仲間と切磋琢磨しながらすることで、大きく成長できたと思います。
浪商には勉強もスポーツもとことんできる環境があります。しっかりと指導してくださる先生方、共に競い合える仲間、文武両道で自分の能力を伸ばすのにとても良い環境です。これから高校生になる皆さんも、この恵まれた環境の中で3年間を大切に過ごしてください。

山口大学 医学部
田中 誠也 さん

2014年度 類コース卒業

先生方がみんな親身になって支えてくれる

在学中には女子バスケットボール部に所属していて、その際の顧問の先生には様々な面でお世話になりました。部活動はもちろん、進路決定の際や大学進学後も助言をいただきました。練習を通して鍛えていただいた粘り強さや闘争心は、その後の大学生活や教員採用試験などでも、とても役に立ちました。
浪商のいいところは、先生方がみんな親身になって支えてくださるところでした。そして、部活動が充実しているので、運動が好きな人や、3年間全力でその競技に打ち込みたいと思っている人にとってはとてもいい学校だと思います。

教員
前原 伊津季 さん

2018年度 大阪体育大学 教育学部卒業
2014年度 進学総合コース卒業

自分の好きなことにとことん打ち込める環境

私にとっては硬式野球部でのクラブ活動が、高校生活の全てであったといっても過言ではありません。好きな野球に精一杯打ち込み、毎日全力で取り組むことができたことがとても楽しかったです。クラブ活動を通じて学んだ礼儀作法は大学に進んでからも役立つことが多く、大所帯のクラブに所属していたおかげで、アピールして目立つことが他の人よりも上手くなったような気がします。
浪商は、自分の好きなことにとことん打ち込める環境があることが最大の魅力だと思います。また、まだ夢や目標が見つかっていない人にとっても、先生方が全力でサポートしてくださるので、自分の夢や目標を探すことができる場所になるはずです。目標をしっかりと持って、夢を全力で追いかけてください。

日刊スポーツ西日本記者
松本 直也 さん

2018年度 大阪体育大学 体育学部卒業
2014年度 進学スポーツコース卒業

挨拶や礼儀が自然と身につく環境

高校3年間は甲子園に行きたい、プロ野球選手になりたいという夢を持って、野球に一番力をいれていました。クラブ活動は、高校生活の一番楽しかった思い出の一つです。
振り返ると、この3年間で挨拶や礼儀が本当に身についたと思います。現在は社会人野球のチームに所属していますが、そこでも野球部はもちろん会社などで目上の方と接する機会がたくさんあります。想像すると簡単に思えますが、実際にその場に立つと、とても緊張するシチュエーションです。そんなときに、高校時代に監督や他のチームの方にしっかりと挨拶をしたり、コミュニケーションを取っていた経験が活かされています。

大阪ガス(高校卒業後 実業団へ)
宮本 大勢 さん

2017年度 アスリートコース卒業

卒業後の進路について