校長日記~スクールライフ~

令和3年度 2学期始業式 式辞

2021.09.01

令和3年 2学期 始業式 式辞

皆さんおはようございます。早速ですが、1学期の終業式の話を覚えていますか?

「1学期終業式①」

中学1年生の夏は一生に一度。高校3年生の夏も一生に一度です。生徒の皆さん、先生も一緒です。今年の夏は一生に一回しかありません。けじめのあるメリハリのついた生活、クラブ活動、学習面、生活面全ての項目において具体的な目標を定めてください。小さな目標を数多く設定し、達成できた目標の数だけ充実感、達成感を得ることができると思います。

今、振返り充実した時間を過ごせましたか? 小さな目標を数多く設定し、どれだけの目標が達成できましたか? もちろん人それぞれだと思いますが、今年の夏は残念ながらもう終わりました。今日から二学期がスタートします。

しかし考え方は同じです。二学期のスタートに際し、小さな目標を数多く設定し、達成できた目標の数だけ充実感、達成感を得ることができるはずです。何も考えずにスタートするのはあまりにももったいないですよね。スタートが肝心です。

 

「1学期終業式②」

去年の夏はクラブの大会が全て中止になりました。去年、大会に出れなかった3年生の分まで全力で頑張ってください。

今年の夏は色々な大会で色々なクラブが活躍してくれました。後ほど表彰伝達で紹介させて頂きます。また表彰までいかなくても、個々にベストを尽くしてくれたのであれば、それは表彰に値する素晴らしい事だと思います。クラブ生の皆さんお疲れ様でした。二学期も更なる活躍を期待しています。

最後になりましたが、今日からいよいよ二学期がスタートします。「やっと始まる嬉しい」という人より、「いよいよ始まってしまう」「大丈夫かなぁ」という心配、不安を抱いている人のほうが多いかもしれません。というか、多いという思いをもって、周囲の様子をよく見て行動してください。何気ない挨拶、何気ない一言や行動が友だちを勇気づけたり、励ましになったりします。また逆に悪気はなくても人を傷つけてしまうこともあります。

みんなが笑顔で安心して過ごせる学校でなくてはなりません。皆さんのご協力をお願いいたします。

この後、保健部、担任の先生から感染症対策についての注意があると思います。高校3年生は受験することができなくなったり、1.2年生も大会に出場できないようなことがあっては大変な事です。くれぐれも、今まで以上の協力をお願いします。

 

令和3年9月1日(水) 大阪体育大学浪商中学校・高等学校 校長 工藤 哲士

令和3年度 1学期終業式 式辞

2021.07.20

令和3年7月20日 令和3年度 1学期終業式 式辞

皆さん、1年前を覚えていますか? 昨年度は4月から約2ヶ月間、休校が続きました。1学期の行事はなくなり、夏休みもかなりの期間が短縮されました。またクラブ活動の大会も全て中止という大変残念な夏だったと記憶しています。

しかし、今年の夏休みは例年通りの期間があり、各クラブの大会も開催される予定です。去年、大変悔しい思いをした3年生の分まで、全力で戦ってください。コロナの関係でまだまだ規制も少なくありませんが、試合できること、活動できることに感謝し、喜び、幸せをしっかりとかみしめ、自分自身がもっている力を存分に発揮してほしい、力を出し切ってくれることを願っています。

本当なら全てのクラブの大会に足を運び、皆と一緒に精一杯声援を送りたいのですが、無観客での開催が大半のため、現地に行くことはできません。学校から浪商中学のみんな、浪商高校のみんなの頑張りを応援したいと思います。

さて、明日から夏休みをむかえますが、皆さん心づもり、準備は万全ですか?今の気持ちのままで充実した夏を過ごすことができますか?

中学1年生の夏は一生に一度。高校3年生の夏も一生に一度です。生徒の皆さん、先生も一緒です。今年の夏は一生に一回しかありません。

けじめのあるメリハリのついた生活、クラブ活動、学習面、生活面全ての項目において具体的な目標を定めてください。小さな目標を数多く設定し、達成できた目標の数だけ充実感、達成感を得ることができると思います。

最後になりましたが、家族や友人を守るためにも感染症対策には十分注意をし、浪商中学高校の皆さん全員が充実した夏休みを過ごしてくれることを願い、1学期の終業式の挨拶とさせて頂きます。皆さん今年の夏も一緒に頑張りましょう。

大阪体育大学浪商中学校・高等学校 校長 工藤 哲士

令和3年度 1学期始業式 式辞

2021.04.08

令和3年4月8日

校長 始業式挨拶

中学生、高校生の皆さんおはようございます。この4月から校長をつとめることになった工藤です。面識がない人もいるかもしれませんが、宜しくお願いします。今は全校生徒が体育館に集まることは難しい状況ですが、学年単位で集会する機会があれば参加させて頂きます。その際に顔を覚えてもらえればと思います。

さて、いよいよ新年度がスタートします。中学生、高校生786名全員、大事な浪商生です。けじめをもって、全員で励まし合える 元気で明るい学校にしていきましょう。協力宜しくお願いします。

3年生は今年がラストの1年、最後の大会や進路決定に向けてスタートダッシュを。2年生は一番大きく飛躍できる年です。またこの一年で飛躍できるか下降するかで、今後の進路に大きく左右するポイントの学年です。1年生はまずは学校生活に慣れて、是非、良いスタートをきってください。

学年により、それぞれ違いはありますが、在籍している学年に関係なく、まずは目の前のことに全力で取り組みましょう。今、この瞬間に手を抜く人間には絶対にならないでください。次に皆さんに二つのお願いがあります。

一つ目が、今まで以上に感染症対策の徹底に努めて下さい。 後ほど保健部、担任の先生から詳細な諸注意があると思います。宜しくお願いします。

二つ目が、新しい年度のスタートに際し、大きな夢、希望、目標をもってくれていることと思います。是非とも全力で頑張ってください。応援しています。しかし夢や目標がみつかりにくく、大きな不安を抱いている人も少なくないかもしれません。そんな時に君たちが近くにいるクラスメイトにかけてくれる言葉は何よりも大きく心強いものです。どうか周囲の雰囲気、クラスの一人ひとりの表情、行動、様子を感じとり、心配りある、気配りある行動や言動を期待しています。皆さんの力で786名全員が楽しいと思える学校にしましょう。

続いて、この春休み期間に活躍してくれた部活動の表彰伝達を行います。

・第44回 全国高校選抜ハンドボール大会 準優勝

全国選抜、全国インターハイで三位、一昨年の国体で準優勝。念願の初優勝を目指し、頑張ってくれましたが惜しくも準優勝。皆さん拍手をお願いします。

・陸上競技部 3年生の宮繁さん

2021 日本室内陸上競技 大阪大会 3月17日 大阪城ホール

宮繁 愛葉さん U20 三段跳び 12m29  優勝  全国優勝です。皆さん拍手をお願いします。

最後に新任の先生方を紹介させて頂き、始業式の挨拶とさせて頂きます。

・4月から国語科の松田先生が教頭先生になります。

・新任紹介

国語科 杉山先生 竹谷先生

数学科 安東先生 児玉先生 積川先生 土江先生(情報も兼任)

理科  辻本先生

英語科 番匠先生

皆さん今年一年間宜しくお願いします。

令和3年度 大阪体育大学浪商中学校・浪商高等学校 入学式 式辞

2021.04.07

令和3年度 大阪体育大学浪商中学校・高等学校 入学式式辞

本校の校舎へと続く長い階段にも春の香りが満ち溢れる今日の佳き日、287名の新入生の皆さん、そして保護者の皆様をお迎えすることができたことは、本校の教職員ならびに在校生にとって大きな喜びです。ご入学 誠におめでとうございます。皆さんの入学を心から歓迎申し上げます。

本来であれば来賓の皆様をお招きし、盛大に祝福したいところではありますが、新型コロナウイルス感染防止の観点から、本日は人数制限、時間を短縮しての開催とさせて頂きます。何卒、ご理解頂けますようお願い申し上げます。

あらためまして保護者の皆様 ご入学おめでとうございます。本日は立派な姿に成長したお子様を是非とも目に焼き付けて頂きたいと思います。今日をむかえるまで本当に沢山のご苦労があったことと推察いたします。体調を崩したときには昼夜問わず看病し、元気がなく思い悩んでいる時には近くで寄り添い、また時には厳しく接することもあったのではないでしょうか。溢れんばかりの愛情を持って、どんな時でもお子様の成長を一番に考えてこられたことと思います。本日より3年間、本校の生徒として大切なお子様をお預かりし、全教職員が愛情を込めて共に過ごし、我々も子どもたちと共に成長していきたいと思います。

さて、私たち教職員と保護者の皆様にとって大切なことは、どのような時でも子どもたち、生徒たちを中心に物事を考え、良い協力体制、連携体制を構築することです。何事も早い段階から相談、コミュニケーションをとりながら、共に子どもたちを支援していきましょう。ご家庭、学校が一体となり、お互いが協力し合うことで二倍にも三倍にも成長した姿を見せてくれることと思います。様々な場面において小学校との違い、中学校との違い、また他校との違いを感じることがあるかもしれませんが、どうか本校の教育方針をご理解いただき、ご協力、ご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

続いて新入生の皆さん 皆さんは数ある公立、私立の中学校、高校の中から浪商中学校、浪商高校を選択してくれました。卒業する際には、その選択は間違っていなかった、浪商に来て本当に良かったと心から思える三年間にしてください。

私立学校には創設時から受け継がれている「建学の精神」があります。本校は「不断の努力により知徳体を修め、社会に奉仕する人材の育成」という理念のもと教育活動を行っています。新入生の皆さんには、その建学の精神に基づいた三つのメッセージを送ります。

まず一つ目が、これからスタートする三年間は皆さん自身の手で、心で、どのようにも創り上げることが可能です。今の皆さんは無限の可能性を持っています。失敗を恐れず、何事にも積極的にチャレンジして下さい。

二つ目が、今日より明日、昨年より今年、小学校時代より、中学校時代より進化した自分、ワンランクアップした自分を獲得してください。人にはそれぞれ個性があり、好き、嫌い、得意、不得意が存在しますが、日々、自分なりの成長を遂げることが大切です。具体的には今の自分よりワンランクアップした学力と体力を身につけて欲しいと願っています。

学力面においては中高、所属コースに関係なく、基礎学力はもちろん学力の向上、社会で通用する知識と教養を養い、自分が希望する進路を実現できる本物の力をみにつけて下さい。

体力面についてはまずは健康が第一です。そして、日々の学習活動、クラブ活動、様々な行事等の学校生活を充実させるには相当な体力が必要です。病気をしない体、怪我をしない体、文武両道を全力で実践できる体力を身に着けてほしいと思います。また本校はクラブ活動を奨励しています。部活動における競技力の向上、成果も大いに期待しています。

学力、体力とも自分に適した具体的な目標を定め、常に一つ上の目標、一つ上の自分にチャレンジすることを続けて下さい。

三つ目です。急速なまでに変化の激しい現代社会は、次々と新たな課題を提供してくれます。この三年間は混在する様々な課題に対する物の見方、考え方を学ぶ機会であり、色々な角度から自分自身を見つめる機会でもあります。本校での様々な活動、そして友人、先輩、先生方とのかけがえのない出会いを通して、周囲に対する心遣い、気遣いができるやさしい心、挨拶や礼儀を大切にする心、厳しい苦難を乗り越えることができる強い心を養い、卒業後は社会に貢献できる、活躍できる人材に成長してくれることを切に願っています。

最後になりましたが本学園、浪商高校は今年が創立百周年という記念すべき年にあたります。今年度、11月10日 大阪市中央体育館で百周年記念イベントを開催し、在校生の皆さん、保護者の皆さん、全国各地で活躍する同窓生、関係者一同が一体となり、百周年記念を祝うとともに、浪商学園、浪商高校の更なる発展を祈念したいと思っています。

新型コロナウイルスの関係で中止または縮小開催となる可能性もありますが、開催の際には何卒ご支援、ご協力を宜しくお願いします。

本日入学した新入生の皆さんの充実した学校生活と健やかな成長、そして限りない可能性を祝し、式辞といたします。

 

令和3年4月7日  大阪体育大学浪商中学校高等学校 校長 工藤 哲士

令和3年度 3学期終業式 式辞

2021.03.19

皆さんおはようございます

振り返れば、あっという間に1年が過ぎ、三学期の終業式の日を迎えました。3年生は中学校・高校とも卒業式を終え、それぞれの進路に巣立っていきました。皆さんは次の学年に進級することになります。

さて、二年生の皆さんは昨年の学年末試験から長い休校が続きました。一年生の皆さんも、入学式はあったものの、その後はしばらく休校が続きました。休校が続いていた時期は特に不安だらけでしたね。まずは新型コロナウイルスという感染症について、自分が身近な人が感染するのではないか、感染したら重症化するのではないかという不安。次にこれまで当たり前だと思っていた日常が、当たり前でなくなっていく不安。とりわけ人と会って話すことが、大した話をしてるわけではないのに、それができなくなると、かなりのストレスであることも経験したのではないでしょうか。

まだこの感染症は終息しておらず、現在進行形であり、今後も感染予防に努めながら生活していかなければなりません。と同時に、このパンデミックの中でしか気づけないこともたくさんあると思います。先ほど言ったように、当たり前と思っていた日常とは何だったのか、何によって成り立っていたのか。人と会って話すことのありがたさを感じたように、コロナ以前には気づけなかった、いろいろな価値を見つけられる機会でもあると思います。まずは、自分の心で感じ自分の頭で考えてください。次に、周りの人と意見交換してください。きっと、大切な何かが見つかるはずです。

また、この三月は東日本大震災から十年目の時です。多くの関連番組が放送されました。それを見ていて考えさせられるのは命についてです。命の尊さという一言では表せない、命にまつわる様々な思いというか感情が大きく揺さぶられる内容でした。非常に重たいことですが、皆さんも命について考えてみてください。

最後に、四月には新入生を迎え、新たな一年が始まります。皆さん一人一人が、それぞれの課題と向き合い、解決していく一年にしましょう。そのためにも、これから始まる春休みを有意義に過ごしてください。

卒業証書授与式 式辞(中学校)

2021.03.08

卒業生のみなさん、保護者の皆様、ご卒業おめでとうございます。今日は皆さんにとって大きな区切りの日となります。義務教育の期間を終え、今後は自らの意思で学業を継続し人格の完成を目指すことになります。また、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、例年と比べ規模縮小の実施となりましたことを、ご理解願います。

保護者の皆様に申し上げます。3年前、皆様の大切なお子様をお預かりいたしまして、ご期待に添うよう教職員一同、一体となって教育してまいりました。この間、本校の教育活動に格別のご理解とご協力をいただき、本当にありがとうございました。これまでお子様を育ててこられた保護者の皆様には、感無量のものが、おありかと推察いたします。後程表彰いたします、皆勤賞をはじめ,外部の団体からも表彰されるなど、多くの活躍があり心強い限りだと思っております。

さて、卒業生のみなさん、改めて卒業おめでとう。最後の一年間は大変な一年でしたね。去年のちょうど今ごろから、全国一律の学校休業要請が出され、続いて緊急事態宣言が出ました。そのためなかなか学校に行くことができず、不安な思いをしたと思います。また、クラブ活動にも大きな影響が出ました。春の全国大会が中止になり、夏の大会は予選さえなくなりました。悔しい思いをしたことだと思います。しかし一方で、当たり前と思っていた日常生活の大切さや、人と会って話すことのありがたさを知る機会にもなりました。

もうすぐ高校生活が始まります。そのあと大学に進んだとしても、七年後には就職し社会人となります。この七年の間に皆さんが身に着けてほしいことを三つお伝えします。一つ目は、人の役に立つ人になってほしい。そのためにしっかり勉強や部活動に励むこと。二つ目は、自分の面倒は自分で見られる、自立した人になってほしい。赤ちゃんの時はすべて親が面倒を見てくれました。それから十五年、多くのことを自分でできるようになりましたが、七年後には経済的に自活でき、生活の面、心の面でも独り立ちできている。三つ目は、先に述べた二つの目標を達成するために、自分で自分をコントロールできるように、計画的に行動できるようになってほしい。この三つのことは、大人になってからも皆さんを守り、道に迷っても新たな道に導いてくれる優れものです。七年後の自分をイメージしながら、日々の生活の中で意識して身に着けてください。

最後に、私たちから見ると皆さんは可能性の塊です。次のステージへ進み、失敗を恐れず、チャレンジ精神をもって高校生活を送ってください。みなさんの健闘をお祈りし、式辞といたします。

第73回 高等学校卒業式 式辞

2021.02.06

只今、238名の皆さんに卒業証書を授与しました。卒業生、並びに保護者の皆様、誠におめでとうございます。

また、第七三回卒業証書授与式を挙行するにあたり、新型コロナウイルス感染症予防の観点から、寒い中ですが換気の実施、参列者人数の制限、ご来賓もない状態で実施いたします。ご不便をおかけし申し訳ありませんが、ご理解、ご協力のほど、お願いいたします。

保護者の皆様には、今、晴れやかに巣立ちいくお子様の英姿を目の前にされ、夫々幼いころからの生い立ちを思い出されるなど、感慨もひとしおのことと存じます。

高校時代は心身ともに大きく成長する時期でありますが、あり余るエネルギー故に、時に親としてご苦労も多々おありになったことと存じます。歴史と伝統を誇る本校の卒業生と言う栄誉は、お子様の努力の結晶であると同時に、絶えずお子様を励まし温かく育んでこられました保護者の皆様方の薫陶のお蔭でもあります。このような頼もしい若人の姿として実を結びましたことに、心から敬意とお祝いを申しあげます。

改めて卒業生のみなさん、卒業おめでとう。皆さんはこの三年間で、智・徳・体それぞれの面で研鑚を重ね成長されました。本校の建学の精神は「不断の努力により、智・徳・体を修め、社会に奉仕する」です。卒業後、皆さん一人ひとりが、活躍できる場を見つけ、それぞれの分野で社会に奉仕する人材と成られることを願っております。

さて、経済産業省や文部科学省は、情報通信技術の発達などにより、予測不可能な激動の時代になりつつある。そんな時代を生きていくには、これまで学校教育で大切にしていた、知識や技能の習得に加えて、思考力・判断力・表現力や、様々なタイプの人とチームを組んで物事を進めていける協働の精神が大切になる。そのような新たな力をつけるため、学校教育の在り方も変えないといけない、と言っています。令和元年度の終わりから今年度にかけて、まさに予測不可能な事態に見舞われました。一昨年一ニ月ごろ中国の武漢で発生した新型コロナウイルスは、瞬く間に世界に拡散し、多くの感染者や犠牲者を出しながら、いまだ終息のめどはたっていません。卒業生の皆さんは、二年生の学年末考査の途中で政府から全国一斉の学校休校要請が出され、そこからイレギュラーな対応の連続となりました。長期の休校の後、学年別の登校日設定、午前午後の分散登校、文化祭体育祭の中止、部活動でも春の全国選抜大会の切符を手にしながら、大会が中止され涙をのんだ人も多くいました。夏の全国大会においては、予選すらできませんでした。そのような中で、卒業生や保護者の皆様はそれぞれ、不満や不安を抱えながら、国や大阪府の指導のもと行ってきた学校の対応に、協力していただいたおかげで、本日を迎えることができました。この場をお借りして、お礼を申し上げます。ありがとうございました。このような予測不能な事態に遭遇した時、必ず出てくるのがデマやフェークニュースです。真偽に関わらず様々な情報が、すぐに拡散します。嘘か本当か確かめるのは難しいものもありますが、大人の仲間入りをする皆さんには、情報リテラシーを身に着け、正しい選択ができる大人になってほしいと思います。

最後に、皆さんの今後の活躍を祈念しまして、式辞といたします。さようなら。

 

令和二年度3学期 始業式 式辞

2021.01.08

あけましておめでとうございます。今日から3学期が始まります。中高3年生は自分の進路獲得と卒業に向けて、最後まで頑張ってください。1、2年生は、学年の仕上げの学期です。それぞれの課題に取り組み、前進していきましょう。

さて、新型コロナウイルスの第三波は、大阪にも再度緊急事態宣言が出されるかもしれない状況になっています。この年末年始はステイホームの中で、印象に残った三つのテレビ番組を紹介します。一つ目は「”イマジン” は生きている ジョンとヨーコからのメッセージ」です。昨年は、ジョン・レノンのメモリアルイヤーで、生誕80年、没後40年、この記念すべき年に、改めてジョンとヨーコがこの世界に残したメッセージに耳を傾ける、という番組です。二つ目は「松田聖子スペシャル 完全版」で昨年デビュー40周年を迎えた松田聖子、その40年の歩みを解き明かす特集番組です。三つ目は「良心を束ねて河となす 〜医師・中村哲 73年の軌跡〜」で、一作年12月、アフガニスタンで銃撃により命を落とした医師・中村哲。長年、戦乱が続く地での医療活動に、飢餓を救うための用水路建設に奔走した中村の生涯に迫る、という番組です。どの番組も、その人が生きてきた軌跡を追いながら、時代や社会とどう向き合ったのか、感慨深い内容でした。それぞれの番組について、皆さんに語り、伝えたいことがあるのですが、今日は中村哲さんについて話します。

中村さんは一作年12月、活動していたアフガニスタンで凶弾に倒れます。73歳でした。皆さんからするとおじいさんくらいの世代になるのでしょうか。中村さんは人を助けるような職業につきたいという思いから、大学の医学部に進み医師免許を取ります。彼がアフガニスタンで活動するようになったきっかけは、20代の時に登山隊の帯同医師としてパキスタンに行った事です。登山隊の進むルートにある村々で、地元の人たちが医師である中村さんのところに押しかけ、病気を治してほしいと頼みます。中村さんは登山隊用の薬しか持ってきておらず、診察はしますが治療することができません。医療体制が整っていないために、病に苦しみ命を落とす人がたくさんいることに衝撃を受けます。帰国後、病院で勤務しながら現地で医療活動できる方法を探します。数年後、日本キリスト教海外医療協力会から派遣されてパキスタン北西辺境州の州都ペシャワールに赴任。以来、20年以上にわたって戦乱が続くパキスタン・アフガニスタン地域で長く活動してきました。医療体制づくりに尽力しますが、干ばつに襲われ現地の人や難民が命を落とす現実に、医療体制だけでは命を救えない、安定した食糧生産が必要だと痛感し、土木工事の専門知識が全くないところから、現地の人たちと協力して25キロ離れた川からの灌漑用水路建設にまい進します。荒れ果てた不毛の地が今では、65万人分の食料を生み出す農地になりました。この行動力とエネルギーはどこからくるのでしょうか。中村さんは、人々が持つ良心とそれを信頼することと言います。

私たちは大きな困難に直面したとき、自分の小ささや無力さを感じて、諦めてしまいがちです。しかし、打開策はきっとある、同じ困難を抱えた人々の良心を信じ、勇気を持って挑戦することの大切さを中村さんは行動で示していました。

最後に、新型コロナウイルス感染防止のため、こまめな手洗い、マスクの着用、蜜を避け教室の換気を励行する。を引き続き行いましょう。また、今後、予定されていた行事等も変更になるかもしれません。皆さんの理解と協力をお願いします。そして、簡単には諦めない、チャレンジングな3学期を送りましょう。

令和2年度2学期終業式 式辞

2020.12.21

本日2学期の終業式を迎えました。高3生は年内に進路を決めた人もいますが、まだ共通テスト・私大の一般型選抜・国公立の2次試験、中3生もコース決定試験を控えています。体調管理をしっかりして、冬休みを過ごしてください。他の学年の皆さんも、学習に部活にと忙しいと思いますが、有意義な時間を過ごしてください。

さて、この一年を振り返ると、新型コロナウイルスに翻弄された一年でした。中高生の皆さんも三月から五月にかけては、学校はどうなるんやろ、部活は、試合は、進路は、と大きな不安を抱えていたと思います。楽しみにしていた行事がなくなったり、内容が変更されたりする中、皆さんの理解と協力のもと、今では学校も普段通りの活動が行えるようになりました。まだ、しばらくの間は感染リスクを下げるための行動をとらなければなりません。お互いに気を緩めず、対応して行きましょう。

このように感染症の恐ろしさを体験しているところですが、このコロナ禍の中で感染すること以外に、怖いなと思ったことがあります。一つはデマやフェイクニュースの影響力です。SNSが発達した現在、誰もが全世界に向けて情報発信、受信することができ、瞬く間に拡散します。個人や組織が間違った情報を流し、それを多くの人が信用して行動してしまうこと。もう一つは、感染者やその家族、治療に当たっている医療従事者に非難や攻撃が向けられるという現象です。

大きな不安や不満を抱えると、デマなどを信じてしまったり、他者に攻撃的になったりしがちです。そうであることをふまえて、加害者にも、被害者にもならないために情報の見極めが大切です。見極めとは、優れた情報からジャンクな情報まで、ごちゃ混ぜになっている中から、優れた情報を選び出すことです。それができるようになるには、基礎的な知識、技能を身に着けること、普段から時事問題に関心を向けること、日常生活の中でも情報の見極めの練習をすることが大切です。皆さんもぜひ実践してください。

最後に、皆さん一人一人が、解決すべき課題を持っていますね。すぐに解決できるものから、時間とエネルギーをかけなければ解決できないものまであるでしょう。少しでも前に進められるよう、この冬休みの時間を有効活用してください。それでは、よいお年を迎えてください。

令和2年度 2学期 始業式

2020.08.18

皆さん、おはようございます。校長の清水です。これより2学期の始業式を始めます。

 

短い夏休みでしたが充実した時間を過ごせましたか、リフレッシュはできましたか。まだ猛暑がしばらく続きそうです、体調管理に気を付けて新たな学期を過ごしていきましょう。

さて、新型コロナウイルスの感染は続いています。引き続き、次の3点を守ってください。

➀こまめな手洗いをする

➁教室等は常に換気し、3密を避ける

➂特別な場合を除いて、マスクを着用する。

ここで、皆さんには少し想像力を働かせてほしい。ウイルスに感染していても無症状の人が一定数います。ということは、症状がなくても感染しているかもしれないということですね。「自分は症状はないけれども、感染しているかもしれない」という前提で行動すると、いちいち指示されなくても、適切な行動がとれるはずです。気分感情の面でも、「ああせい、こうせい」と細々言われるより、自分で考えて行動する方が気持ちいいですよね。勉強も部活も基本的には同じだと思います。2学期は、自分で考えて主体的に行動できるように、心がけましょう。

最後に、今後学校行事も中止や縮小せざるを得ないものが出てきます。状況を理解し、皆さんの協力をお願いします。特に中高の3年生の皆さんは、最後まで粘り強く、自分の希望進路をつかみ取れるよう頑張ってください。

  • 大阪体育大学浪商中学校
  • 大阪体育大学浪商高等学校

学校法人 浪商学園

大阪体育大学浪商中学校

大阪体育大学浪商高等学校

〒590-0459 大阪府泉南郡熊取町朝代台1番1号

  • TEL.072-453-7001(代表)
  • FAX.072-453-7002