クラブブログ

第33回福岡クロスカントリー大会 2/23 国営海の中道海浜公園クロスカントリーコース
性別 種目 氏名 学年 記録 順位
男子 U20 4km 信原 太一 2 13分25秒 42位
男子 U20 4km 明後 達也 1 14分09秒 106位
男子 U20 4km 佐藤 迅介 2 14分59秒 152位
男子 U20 4km 薮中 佳祐 2 15分44秒 168位
☆福岡県の国営海の中道海浜公園クロスカントリーコースで行われた全国大会に出場。
  起伏の激しいアップダウンのコースを、全国から集まった200人を超える選手が一斉にスタート。
  苦しいレースでしたが、貴重な経験となりました。
  ご声援、ありがとうございました。
  ご声援、ありがとうございました。
女子 U20 4km 貴島 萌夏美 1 15分23秒 74位
女子 U20 4km 山下 柚月 2 16分11秒 120位
女子 U20 4km 福塚 美海 2 16分11秒 121位
女子 U20 4km 阿部 小町 2 16分26秒 129位
女子 U20 4km 津田 明翔 1 DNS
女子 U20 4km 津田 百翔 1 DNS
☆女子は本校から6名エントリーで4名の出場となった今年の福岡クロスカントリー。
  200名を超えるエントリーで、全国から集結した選手たちが福岡の地で激走
  本校生徒も精一杯の走りをしてくれました。
  ご声援、ありがとうございました。
第34回日本陸上競技選手権大会クロスカントリー競走 2/23 国営海の中道海浜公園クロスカントリーコース
性別 種目 氏名 学年 記録 順位
男子 U20 8km 中辻 隼人 2 27分32秒 269位
男子 U20 8km 禰宜田 敬幸 2 31分51秒 340位
男子 U20 8km 永山 大楽 2 DNS
☆400名を超えるエントリーの中、今年のU20男子の「日本一」を決めるこの大会。
  一名が怪我のため、残念ながら棄権となり、本校からは2名の出場。
  8kmの距離で起伏が激しくアップダウンの厳しいコースに苦しみながらも
  最後まで走り抜いてくれました。
  最後まで走り抜いてくれました。
性別 種目 氏名 学年 記録 順位
女子 U20 6km 田村 麻衣 2 22分14秒 79位
女子 U20 6km 山田 莉里花 2 23分04秒 107位
女子 U20 6km 伐栗 夢七 1 23分05秒 108位
女子 U20 6km 上野 日菜子 2 23分49秒 114位
女子 U20 6km 栗原 史歩 1 24分28秒 120位
女子 U20 6km 大西 葵 1 24分37秒 122位
女子 U20 6km 田中 星理菜 1 24分38秒 123位
女子 U20 6km 左部 来夢 2 25分18秒 127位
☆U20の実業団選手もエントリーしていた今年のこの大会。
  「日本一」をかけ、福岡に全国から気合い十分の女子選手達が集結。
  浪商からは8名のエントリーで勝負に挑み、最後まで激走。
  今回のレースでの貴重な経験を、これからの活動に生かします。
  ご声援ありがとうございました。
第30回U20選抜競歩大会   2/17 六甲アイランド甲南大学周辺コース
性別 種目 氏名 学年 記録 結果
女子 5000mW 阿部 小町 2 24分24秒 全体 23位
☆昨年は故障のため参加できなかった阿部が、一年越しの大会に出場。
 術後、苦しいリハビリをこなしたが、シーズン後半もなかなか思うような「歩き」ができず
 悔しい試合が続いていましたが、約一年ぶりに自己記録を更新!
 まだまだ納得のいく「歩き」ではなかったが、新シーズンに向けて光の見えたレースでした。
 これからも沢山のご支援・ご声援をよろしくお願いたします。

柔道部 試合結果

2019年02月14日

第41回大阪高等学校西地区学年別柔道大会が、2/11(月・祝)に

堺市立大浜体育館で行われました。

1年生の部

三位 : 戸田聖斗・前村航大・西河亮治・藤原虹輝

2年生の部

優勝   Aチーム : 石津 璃久也・山口 侑輝・景山 清春

三位 Bチーム : 杉本 修太・宇尾野 泰成・河添 将義・薮野敬亮

大阪高等学校西地区学年別柔道大会

2019 日本室内陸上競技大会  2/03 大阪城ホール
性別 種目 氏名 学年 記録 結果
女子 60m 坂野 七海 3 7秒61 予選 2位
女子 60m 坂野 七海 3 7秒53 決勝 2位
☆前日(2/2)に卒業式を終えた3年生の坂野七海が「日本室内陸上競技大会」に出場。
  昨シーズンは故障に苦しみ、本来の力を出せず悔しい一年を過ごしましたが、
  諦めずに地道な努力を継続してきた坂野が、復活の「全国2位」となりました。
  予選から自己ベストに迫る走りを見せ、決勝では自己ベストを大きく更新した姿は
  本当に逞しく「坂野の走り」を見せてくれました。
  優勝には「あと一歩」届きませんでしたが、その「あと一歩」はこれから追いかけて
  くれると信じています。
  部員達をはじめ関係者の方々のご声援、本当にありがとうございました。

カレンダー

    2019年2月
    « 1月   3月 »
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728